阪神ドラ1佐藤輝明を早くも襲う“打撃にメス”の悪しき伝統

公開日: 更新日:

 阪神1位の佐藤輝明(21=近大)がプロの洗礼を浴びた。4日の紅白戦に白組の1番左翼でスタメン出場。3タコに終わった。

 ホロ苦いデビュー戦となった佐藤だが、フリー打撃では連日、持ち前のパワーを発揮するなど、大器の片鱗を見せている。

 矢野監督も紅白戦の結果を受けて、自分の形でスイングができていたことを評価。このまま多くの実戦経験を積ませ、開幕一軍デビューへの青写真を描いているのかと思いきや、阪神OBは「本当にモノになるのか、半信半疑なのが正直なところ。首脳陣の中にも、このままでは苦労するという声もあります」と、こう指摘する。

「問題は打撃の確実性です。相手投手に合わせることなく、自分のスイング、タイミングの取り方にこだわるのは悪いことではないが、プロでは簡単には打たせてもらえない。実際、新人合同自主トレでの打撃練習の時から芯でとらえた打球が少なく、ファウルになる打球が多い。フォームも上体に頼った打ち方に見える。長距離打者として不可欠な下半身の力強さや粘りがあまり見られない。今のままだと速い球に差し込まれ、変化球でタイミングを外されるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る