ソフト千賀は最後の好機…ポスティング巡り球団と再激突か

公開日: 更新日:

 今年こそ、今年こそと思い続けて幾星霜。今オフこそ、夢はかなうのだろうか。

 毎年のように球団にポスティング容認を訴え続けているソフトバンク千賀滉大(28)。今キャンプは両足ふくらはぎのコンディション不良のためリハビリ組で調整を続けており、16日、初めてブルペン投球を行った。

 捕手を座らせて15球を投げただけとはいえ、最速153キロ。昨季投手3冠(11勝、149奪三振、防御率2・16)の実力者は焦ることなく、実戦に向けて牙を研いでいる。

 順調なら今季中に国内FA権を取得する千賀。ポスティングなら球団に譲渡金が入るものの、海外FAとなれば一銭にもならない。球団にとって、今オフがポスティングを許可する最後のチャンスだろう。

 世間では「金満」と思われているソフトバンクだが、内情を知る球団OBは「親会社の資金力はともかく……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る