ソフト上林が復活ノロシ弾 “ところてん方式”で松田に重圧

公開日: 更新日:

 このままくすぶってはいられないとばかりに躍動した。

 15日、ソフトバンクの上林(25)が紅白戦白組の「5番・中堅」で出場。二回、紅組先発の大竹の初球を右翼スタンドに運び、復活のノロシを上げた。

 走攻守の三拍子揃った好打者として首脳陣の期待が高かった上林は、2017年に134試合で13本塁打、51打点、打率・260。翌18年は143試合に出場して22本塁打、62打点、打率・270と前年の成績を上回る活躍を見せた。

 が、19年に右手薬指を骨折すると、ケガが癒えても調子は上がらず、ここ2年は打率2割を切るなど試練が続いていた。

 球団スタッフが「上林が本格的に復調すれば」と、こう続ける。

「右翼は彼で決まりだろうね。右翼は昨季、栗原が17本塁打、73打点と頭角を現したけど、守備力は上林に到底及ばない。となれば、いよいよ栗原の三塁転向が現実味を帯びる。三塁の松田は今年5月で38歳。年齢に関係なく欠かせない選手だけど、将来を見据えたら、いつまでも松田頼りというわけにはいかない。今年、チームに復帰した小久保ヘッドコーチも『いい加減、松田の後釜をつくらなくては』と危機感を抱いているからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る