大谷二刀流復帰に向けキャンプイン 170キロが期待大の根拠

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が日本時間18日、アリゾナ州テンピでキャンプイン。グラウンドでの密を避けるため、8人ずつのグループに分かれてメニューをこなし、大谷はキャッチボールやフィールディング練習の他、ウエート、ケージ打撃などで汗を流してバッテリー組のキャンプ初日を終えた。ブルペン入りはしなかった。

 マドン監督によれば、大谷はオフに投球動作を確認するなど万全の状態でキャンプを迎えたそうで、すでにストレートの最速は153キロをマーク。今後は投手としての調整を優先させるという。

 今季は二刀流として再びファンの関心を集めるに違いないし、球速でも全米を騒然とさせるのではないか。というのも、球速が増す条件が揃っているからだ。2018年10月に肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けてからは体幹や下半身強化、股関節の機能改善に継続して取り組んでおり、投手としてのコンディショニングは万全だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る