澤村がRソックスと3年総額8億円で合意 緊縮財政だから実現

公開日: 更新日:

 ロッテからFAでメジャー移籍を目指していた澤村拓一(32)が15日(日本時間16日)、レッドソックスと2年総額で300万ドル(約3億1600万円)で合意。米サイト「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者が伝えた。同記者によると、投球回数などに応じて出来高が付く。一定の数字をクリアすれば、3年目の2023年の契約は自動的に更新され、総額で約8億600万円となる。

 澤村は近日中にも、キャンプ地のフロリダ州フォートマイヤーズに入り、18日からのバッテリー組のキャンプに合流する予定だ。オープン戦ではオッタビーノ(35)、バーンズ(30)のベテラン両右腕と守護神の座を争うことになる。

 レッドソックスは1901年創立の老舗球団。ア・リーグ東地区では宿敵ヤンキースと並ぶ名門だ。かつては松坂、岡島、上原らの日本人選手がプレーし、世界一にも貢献した。日本のファンにも馴染みのある球団のひとつだが、今回の澤村の入団は老舗球団の切実な事情から実現したものだという。ヤンキースと人気を二分するレ軍の入場料収入は毎年200億円超、総収入も約350億円の優良球団だ。コロナ禍による昨季のシーズン短縮、無観客開催は人気チームほど、球団の収支に影響を及ぼし、昨季のレ軍は約100億円の赤字に陥ったといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る