大坂が元世界女王に引導 S.ウィリアムズに圧勝で決勝進出

公開日: 更新日:

 女子テニス大坂なおみ(23=世界ランク3位)にとって、4大大会シングルス23勝のセリーナ・ウィリアムズ(39・米国=同11位)は憧れであり目標だった。

 大坂の父親はセリーナとビーナスを育てたウィリアムズ家の教育方針を参考にし、ウィリアムズ姉妹に関わった人たちをコーチにつけた。サーシャ・バインしかり、ジャーメイン・ジェンキンスしかり、アブドゥル・シラーしかり、チーム・ウィリアムズの一員だった人たちだ。

 しかし、2018年の全米に続き、19年の全豪も制すと、彼らと次第に距離を置くようになり、現チームにウィリアムズ姉妹に関わった人はひとりもいない。そして、今回の圧勝でウィリアムズ家から完全に「独り立ち」したと言えるのではないか。

 昨18日の全豪オープンテニス女子シングルス準決勝は、大坂がウィリアムズに6―3、6―4でストレート勝ち。「立ち上がりこそサーブが入らず苦労しましたが、要所でサービスエースを決めるようになった。特に冴えていたのはバックハンドのクロスです」と、テニス専門誌の記者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る