高野連を直撃「甲子園でリクエスト制度なぜ導入されず?」

公開日: 更新日:

 日本プロ野球(NPB)では3年前から導入されている。

 試合中のクロスプレーなどで審判の判定に不服がある場合、ビデオ映像から再検証を求めることができる「リクエスト制度」のことだ。

 昨季はNPBのセ・パあわせたレギュラーシーズンの全720試合のうち、リクエスト制度が使われたのは500回。そのうち、判定が覆ったのは163件だった。つまり、プロの試合でさえ4.4試合に1回は誤審が起きていることになる。

■申告敬遠や球数制限改革は進むが…

 一方、2月23日にセンバツの組み合わせが決まった甲子園はどうか。大会を運営する日本高校野球連盟(高野連)は昨年から申告敬遠を取り入れたり、選手の故障防止のために球数制限を設けるなどさまざまな改革を進めているが、しかし、今大会でもリクエスト制度は導入されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る