ロッテ佐々木朗希がシート打撃登板も…今季はまだ“戦力外”

公開日: 更新日:

「怪物」の右腕がムチのごとくしなった。

 ロッテ佐々木朗希(19)が5日、シート打撃に登板。打者4人に計35球を投げ、安打性の当たりはゼロだった。

 この日の最速は152キロで、井口監督も「しっかり仕上がってる」と満足げ。12日か13日の中日とのオープン戦に登板する予定もあるという。

 5月にシート打撃初登板となった昨季と比べれば、明らかに順調な調整ぶり。一軍でその姿を見られる日も近いかと思いきや……。

「佐々木自身、ケガを極度に恐れていますし、球団としても無理をさせて『球界の宝』を壊すわけにもいかない。そもそも高卒2年目なので、あせる時期でもない。昨季同様、ブレーキを踏みつつ、時には後退すら辞さない慎重さで調整していくはず。ベタ褒めしている井口監督だって、佐々木を今季の戦力に数えてはいないでしょう」(ロッテOB)

 怪物がベールを脱ぐのはまだまだ先だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る