大関貴景勝 実質2カ月17kg減が波紋…短期ダイエットの吉凶

公開日: 更新日:

 鏡餅のように肥え太った体形から、大福餅くらいにはなったか。

 14日に初日を迎える3月場所に向け、183キロから166キロと17キロ減量した大関貴景勝(24)。初優勝を果たした2018年11月場所の160キロに近くなった。

 身長・体重などを計測する健康診断は、9月場所前と3月場所前の年2回。183キロというのは去年9月時点の数字なので、半年で17キロ落としたことになる。

 これだけ聞くと長期的に体を絞ったことになり、カド番脱出への期待も高まるが、本当にそうだろうか。というのも、貴景勝の体格は昨年11月場所、そして先場所もほぼ変わらず。特に先場所は腹回りの肉がパンパンに膨れ上がり、その影響か圧力が相手に伝わらず、むしろ押し負ける場面も目立った。

 結局、左足首を負傷し、途中休場。これには解説者の北の富士氏(元横綱)をはじめ、角界から「いい加減、痩せるべき」との声が上がっていた。貴景勝は「(減量は)意図したわけじゃない。鍛え方を変えただけ」と話すが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る