白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

公開日: 更新日:

 いよいよ年1興行に舵を切るのではないか――角界ではそんな声でもっぱらである。

 20日から25日まで行われた大相撲の合同稽古。最後の2日間に顔を出し、順調な調整具合を見せた横綱白鵬(35)だ。

 24日は若隆景、25日は阿武咲と幕内力士相手に30番ずつ。2日で計60番相撲をとり、大技「呼び戻し」も披露すると、本人は3月場所(14日初日)に向けて、「春連覇を目指している」と自信たっぷり。今年も賜杯を掴むことができれば、2019年、昨年に続いて3月場所3連覇となる。

 もっとも、それはあくまで年に1度の3月場所に限った話。19年以降、白鵬が本場所を皆勤したのは12場所中、たったの4場所しかない。もっか4場所連続休場中。新型コロナに感染した先場所はともかく、3場所連続で休場した昨年11月場所直後は、横綱審議委員会から鶴竜と共に「引退勧告」に次いで2番目に重い「注意」の決議を受けた。休みすぎがたたり、崖っぷちなのは同じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る