照ノ富士が目論む2横綱倒し大関再昇進 “3場所33勝”まで9勝

公開日: 更新日:

 4年ぶりの大関復帰が見えてきた。

 1日に行われた大相撲3月場所(14日初日)の番付発表。先場所に続き、東関脇に座るのが照ノ富士(29)だ。

 2017年にケガと内臓疾患で大関から陥落。序二段まで番付を下げながら、不屈の闘志で這い上がってきた。ここ2場所は13勝、11勝。大関昇進基準の「3場所33勝」まで残り9勝だ。

 照ノ富士は1日の会見で、「今場所決めないと、また最初からになる」と話したように、8勝止まりなら大関とりは振り出しに。9勝ギリギリだと内容次第で昇進見送りの可能性がある。

 かつては力任せの相撲だったが、苦労を重ねて技術も磨いた。特に立ち合いで左上手を取るのがうまくなり、得意の右四つは必勝の体勢だ。

 普通にやれば9勝のノルマは容易だろうが、それでも万全を期したいはず。そんな照ノ富士にとって、追い風となりそうなのが白鵬鶴竜(ともに35)の2横綱だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る