友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

メジャー監督の再就職事情…最多は他球団のベンチコーチ

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球では監督が大きな存在である。成績不振で辞任してもその後は球団幹部として処遇されたり、解説者になって安定した収入を得ているケースが多い。

 しかし、メジャーリーグではかなり様子が異なる。クビになった監督の身の振り方として最も多いのは他球団のベンチコーチになるケースだ。現在30人いるメジャーリーグのベンチコーチの3割(9人)は監督経験者である。ベンチコーチは、①監督の右腕となってメンバー表の作成やゲームプランの立案にかかわる②相手チームに関するさまざまなデータを分析して詳細を監督に伝える③自軍の選手の好不調を把握して監督に伝える、といったことが主な役目。仕事の内容は監督に近く、監督経験がある方が有利になる。

 最近は実績のある監督経験者がMLB以外で指揮官を務めるケースも多くなった。ひとつは韓国リーグの監督になるケースだ。元日本ハム監督のトレイ・ヒルマンは、米国にUターンしてロイヤルズの監督を3年務めた後、2017年に韓国の仁川を本拠地とするSKワイバーンズ(現在のSSGランダース)の監督に就任。2年目の18年に韓国シリーズを制して、日本シリーズ、韓国シリーズの両方を制した初のマネジャーになった。ナショナルズ元監督のマット・ウィリアムズは14年にナ・リーグの最優秀監督に選出されたが、退任後は古巣ダイヤモンドバックスのベンチコーチを経て、現在は韓国の光州を本拠地とする起亜タイガースで指揮を執っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る