松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

オープン戦で注目 巨人・秋広と東京スカイツリーの共通点

公開日: 更新日:

 オープン戦で一軍に帯同させて使い続けても、一塁のレギュラーはウィーラー、中島、亀井まで揃う。開幕すりゃ「常勝を宿命づけられて」いたりするから中古でも確実な方をとっかえひっかえ使うだろう。

 はっきりしてきただろ。彼をオープン戦で使い続けるのは、広告塔として利用できるからだ。

■キミの将来は翔平あそれとも…

 終身名誉監督という広告塔が「松井と匹敵」と言ったことにするのは、秋広選手が「並じゃない」ほど背の高い広告塔として使えるからだ。ひときわ高い広告塔はみんな見上げる。東京スカイツリーをごらん。

 栄光の巨人軍は育成がヘタクソ。唾つけてもダメならあっという間に使い捨てられる。プロレスラーに転向したあの世界の巨人ジャイアント馬場は束の間、馬場正平という名の巨人軍選手だった。

 秋広優人くん。心してはげめよ。キミの将来は翔平か? 正平か?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る