権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

気乗りしなかったキャンプ取材で見つけた「2人の超逸材」

公開日: 更新日:

 実は今年のキャンプ取材をためらっていた。

 出口の見えないコロナ禍。各球団は徹底した感染症対策を取っており、PCR検査による陰性証明がなければ球場に入れない。それは当たり前だが、許可を出してもらっても、今度は首脳陣や選手とのソーシャルディスタンスを考える必要がある。これまでのようにグラウンドで気軽にコミュニケーションを取れる環境でないことは分かっていたから、どうしたものかと思案した。正直、十年一日のプロ野球のキャンプから刺激を受けることも少なくなったし、との気持ちもあった。

 しかし、やはり足を運んでみるものだ。沖縄で「これは」と思う選手に2人も出会えた。

 ひとりは、巨人ドラフト5位新人・秋広優人(18=二松学舎大付)。このキャンプで一躍、身長200センチの規格外選手と注目を集めている右投げ左打ちのスラッガーだが、走攻守の動きに思わず目を奪われた。聞けば、身長はさらに伸びて現在202センチだというのに、一塁守備のフットワーク、ベースランニングを見たら、まるで大きさを感じさせない。180センチくらいの選手に見えた。それだけ身のこなしが軽やかなのだ。そうはいっても、まだ高校生。線が細くプロ野球選手の体にはなっていないが、それはつまり、伸びしろがあるということだ。2、3年後にはとんでもない選手になっているのではないか。楽しみができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る