松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

オープン戦で注目 巨人・秋広と東京スカイツリーの共通点

公開日: 更新日:

 ちょいとそいつはよしときましょうや巨人忖度メディアのみなさん。

 18歳ドラフト5位のルーキー秋広優人選手はいまだ大物には至らず、「大物ぶり」に過ぎん。原辰徳監督も言った。

「並じゃない」

 だ~から、間違ってもらっちゃ困る。巨人にとって「並じゃない」のは「背の高さ」なのだ。2メートル2センチでまだ伸び続けているそうじゃないか。

 視察した長嶋茂雄終身名誉監督に打撃ケージ裏へ呼ばれて激励されりゃ、格好の記事となろうサ。

松井秀喜はしっかり体ができていたよ。キミも体を使いなさい」

 デカいが松井ほど体ができてないということを指摘したに過ぎんが、これをメディアは「秋広はあの松井秀喜に匹敵!」と書いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る