松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

橋本聖子会長がこれからたどる道をシミュレートしてみた

公開日: 更新日:

 東京五輪組織委員会の会長が「女が会議に出ると長くなる」と発言して女性蔑視だと騒がれて「女性蔑視をした覚えはない。誤解を与えたとすれば謝ります」と言い訳したが、「誤解したのは国民か?」と言われて、うるせえなと思いつつ、「発言を撤回したんだからいいだろう」と居直ったが、世論の反発に耐えられず、「この際、責任を痛感して辞めることにするが、私の息のかかった朋友に後を託したい」と裏で決めちゃったもんで、ジジイからジジイかよ、と騒がれて、「じゃ、私の息のかかった橋本クンでいいだろう」と現在に至る。

 この先どうなっていくかシミュレートしてみた。

 現会長は「私は酔って接吻をしたと言われましたが、男性蔑視をした覚えはありません。誤解を与えたとすれば謝ります」と、日頃の議員言葉で言っちまい、「ヤバい」と思ったが、ここは説明責任を果たすべきだと気丈にも脳みそをめぐらし、「ですから、誤解したのは国民ではなくてマスコミ? じゃなくて、何しろ酔っていたので、具体的なことは記憶にございません」と言っちまい、「マズいです、それじゃ総務省です!」と秘書に囁かれて、とっさに「刑事訴追のおそれがありますのでお答えは差し控えさせていただきます」と言っちまうともうあんた、「刑事訴訟のおそれがあると誤解される発言をいたしましたが、撤回させていただきます!」と言っちまい、「わけわかんないわよ!」とレンホ~にSNSで書かれたりもして。「反省してますよ。反省してると言えばいいんでしょ!」と怒ってハッと我に返るが、文春の記者あたりに「怒ってるよ、このヒト」と囁かれ、キッとにらみつけて、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る