G秋広62年ぶり開幕スタメンへ 変化球攻略より大事なこと

公開日: 更新日:

 球界最長身202センチを誇る巨人ドラフト5位・秋広優人内野手(18=二松学舎大付高)の周辺が騒がしくなってきた。

 7日の日本ハム戦で、巨人の高卒新人としては1993年の松井秀喜以来28年ぶりとなるオープン戦2安打。原監督を「並の新人ではない」とうならせた。これまで3試合で9打数3安打、打率.333。球団の高卒新人では59年の王貞治以来62年ぶりの開幕スタメンも現実味を帯びてきた。

 一方で打っているのはいずれも直球だ。ボール球になるタテの変化球に手を出すケースが目立ち、「キレだったり、変化の鋭さが今までと違う。レベルの違いを感じる」と変化球への対応に苦しんでいる。チーム内には「開幕後の一軍は時期尚早」という声もある。

 元巨人の松井、現巨人の岡本和真広島鈴木誠也など多くの強打者育成に尽力した内田順三氏がこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る