白鵬が捨て身技で229日ぶり白星 狙うは“休場のための優勝”

公開日: 更新日:

 延命のためならエンヤコラ、である。

 昨年7月場所以来、4場所ぶりに土俵に上がった横綱白鵬(36)。14日の初日は先場所V力士の大栄翔を下し、白星発進となった。

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

 注目の一番、白鵬が立ち合いで選択したのは右の張り差し。大栄翔の動きを一瞬止めると息をもつかせぬ寄りで、あっという間に土俵際へと追い詰めた。突き落としで逆転を狙う大栄翔に対し、白鵬は全体重をかけて自分の体ごと相手を土俵外に寄り倒した。

 時間にして3秒足らず。まさに瞬殺だが、この取組を見守ったある親方は「危険な相撲だね」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る