貴景勝17キロ減が奏功 “おもり”外れ初日から2連勝の快進撃

公開日: 更新日:

 先場所とはまるで別人のような相撲だ。

 大関貴景勝(24)が初日から2連勝。15日は先場所を制した大栄翔との押し相撲対決に臨み、得意の突き落としで仕留めた。

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

 昨年11月場所で優勝しながら、綱とり場所の先場所は2勝しかできずに途中休場。今場所は3度目のカド番だ。

 かつては175センチ、183キロという肉マリのような体形。まだ相撲を取っていないのに肩で息をする場面も多く、スタミナ不足が囁かれていた。

 そんな大関が今場所は17キロ減の166キロ。本人は「鍛え方を変えただけ」と意図しての減量を否定していたものの、先場所とは動きそのものが違う。下から攻めて上体を突き起こし、相手が前に出てきたところを突き落とすのは貴景勝の十八番でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る