痛恨燕が金銀飛車角落ちでも一丸勝利 本当の受難これから

公開日: 更新日:

 本当の受難はこれからかもしれない。

 31日、ヤクルトは試合前に捕手の西田と球団スタッフの計2人が新型コロナウイルスの陽性者と判明。さらに主軸の山田、遊撃の西浦、右の打撃職人内川、先発のスアレス、精神的支柱のベテラン青木の5人が、濃厚接触者の疑いがあるとして登録を抹消された。

 飛車角どころか金銀すらないこの盤面。しかし、ヤクルトは三回、塩見が先制2点適時打を放つと、五回には「王将」村上の2ランなどで3点を奪取。なんとか5―3で逃げ切った。

 とはいえ、喜んでばかりもいられない。内川と青木の2人は正式に濃厚接触者と認定されたため、4月13日まで2週間の隔離が必要になる。山田ら3人はコロナ特例での抹消とあり、1日から一軍に復帰できるのが救いといえば救いだ。

 ちなみにヤクルトに負けたDeNAも、助っ人7人全員が入国後の隔離措置中という飛車角落ち。昨季に続いて、どの球団も新型コロナによる駒不足に悩まされそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  8. 8

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

もっと見る