阪神・佐藤輝は4試合8K…それでも「三振王」は悪くない!

公開日: 更新日:

 30日の広島戦の最終回、阪神ドラ1の佐藤輝明(22=近大)は、栗林の外角に落ちる球を空振り。この日、3つ目となる三振を喫した。

 これでリーグワーストの8三振。早くも、このままのペースでいけばシーズン286三振――などと書くメディアもあるが、評論家の権藤博氏は「新人選手はバットが振れるだけでも大したもの。結果を欲しがり、当てにいくような打撃をするのが一番ダメ。バットが振れているうちは何も心配ない。投手からすれば、三振なんてお構いなしとばかりに振ってくる打者の方がはるかに怖い」と常々言っている。

 前カードのヤクルト戦でもそうだったが、佐藤輝は内角の速球と外角の変化球にバットが空を切る傾向があるのは確か。ヤクルト戦時には評論家から、「内角に意識過剰になっているのか、スイング時に体の開きが早くなっている」との指摘もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る