マエケン初黒星も…今季は「最多勝まで十分あり得る」理由

公開日: 更新日:

 ツインズ・前田健太(33)が日本時間15日のレッドソックスとのダブルヘッダー第1試合(7イニング制)に登板。4回3分の1を7安打3失点(自責点1)で、今季1敗目を喫した。

 本拠地ミネソタ州で起きた警官による黒人男性射殺事件を受けて同13日の試合が中止。登板順がずれ込み、難しい調整を強いられた中、二回に自身の送球エラーを挟んで4連打で3失点。五回に1死三塁のピンチを招いたところで降板した。

 試合後の前田は「フォーシームは良かったけど、変化球の曲がりが良くなかったので、そこを修正していければ」と話した。

 移籍1年目の昨季は11試合に登板して6勝1敗、防御率2・70。抜群の安定感が評価されてア・リーグのサイ・ヤング賞最終候補3人に選ばれた。同賞はインディアンス・ビーバーに譲り、メジャー初の栄誉は手にできなかったが、今季もタイトル争いに名を連ねそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る