巨人原監督“怒りMAX”でコーチ入れ替えの鉄槌が下される日

公開日: 更新日:

 原監督の顔に怒りがにじんだ。

■この日も畠が初回に2被弾

 21日の阪神戦。その初回だった。先発の畠世周(26)が先頭の近本にいきなり本塁打を浴びると、3番のマルテにも被弾。わずか7球で2点を失った。

 逆転で試合には勝ったものの、巨人は前日の試合で阪神の中軸に5本塁打を喫し、原監督が「カードの初戦でクリーンアップに4本も5本も打たれているようじゃね。バッテリーコーチはなにをしているんだということです」と不満をあらわにしたばかり。連夜の“醜態”に、相川バッテリーコーチ(44)は気が気じゃなかったろう。

 巨人OBが言う。

「2位にはつけているものの、なかなかチーム状態が上がってこない。配球ミスで手痛い一発を食らうバッテリーはもちろん、チーム打率・240の打線もモヤモヤした状態が続いている。この日2本塁打の4番岡本に復調の兆しが見えたのは救いですが、チームの停滞が続くと大胆な手を打つのが原監督。コーチの入れ替えをカンフル剤とするのが常套手段のひとつです。相川コーチや打撃担当の村田野手総合コーチは内心、戦々恐々としているかもしれない」

 首位の阪神に雪辱を果たして、ゲーム差を3とした。それでも阪神の貯金11に対して、巨人は5と出遅れる。

 これ以上、離されるようだと、コーチ陣に鉄槌が下されることがありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る