阪神8連勝&甲子園勝率8割も コロナ恨めし早くも損失10億円

公開日: 更新日:

 阪神の勢いが止まらない。20日の巨人戦でクリーンアップに5本塁打が飛び出すなど、ド派手に8連勝。今季16勝4敗とし、2位巨人に4ゲーム差をつける快進撃を見せている。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 2005年以来、16年ぶりのリーグ優勝を狙う上で絶好のスタートを切ったわけだが、舞台裏では嘆き節も聞こえてくる。コロナ禍による損失がじわりじわりと球団を蝕み始めているからだ。

 阪神はここまで本拠地で10試合を開催(甲子園7、京セラ3)。観客動員の上限を1万人としており、合計の観客数は8万4433人にとどまる。シーズン3位だった19年は年間で約309万人を動員。1試合平均は4万2935人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    大阪・松井市長は緊急事態宣言解除後に「ジム通い」を再開

  4. 4

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  7. 7

    たいめいけん茂出木浩司シェフ 新店舗のキッチンは私の夢

  8. 8

    結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

もっと見る