大相撲5月場所番付発表 55年ぶり“新出世なし”が起きたワケ

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言を受け、3日目まで無観客開催が決定した大相撲5月場所(9日初日)。そんな本場所で思わぬ「珍事」だ。

 今場所は新三役や新入幕などの“新出世”がゼロ。これは1966年の5月場所以来となる55年ぶりの珍記録なのだ。

 確かに照ノ富士も大関返り咲きで、幕内も返り入幕はいても新入幕はいない。新横綱、新大関はめったに出ず、新入幕や新十両がいない場所も多々あったが、一度に重なるのは珍しいというわけだ。

「先場所は新型コロナに感染したり、所属部屋で感染力士が出るなどして複数の幕下上位力士が休場した。この場合、番付は据え置き。つまり、上が詰まっていたことも新十両が出なかったのと無縁ではないでしょう」

 とは角界OBの弁。

 ただ、このOBは「新三役はちょっと不可解です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る