大関復帰の照ノ富士に「土俵の地盤沈下」食い止めへの期待

公開日: 更新日:

 久々の「強い大関」誕生だ。

 3月31日に伝達式に臨み、正式に大関復帰を果たした照ノ富士(29)。「もっと稽古に精進して、上を目指したい」と、最高位も視野に入れている。

 気がかりはもちろんヒザのケガだ。両ヒザに分厚いサポーターをつけ、伝達式でも正座ができなかったほど。仮に横綱に昇進しても、短命に終わる危険をはらんでいる。

 しかし、強い上位力士の存在は今後の土俵を考える上でプラスだ。芝田山広報部長(元横綱大乃国)も「照ノ富士は3人の大関より抜きんでている」と話したように、朝乃山正代貴景勝の3大関は安定感がイマイチ。正代は来場所カド番で、他の2人も3月場所は10勝5敗だった。彼らと比べても照ノ富士の力が抜けているのは間違いない。

 近年は新弟子の数が減少している。最盛期は年間200人を超える入門希望者がいたが、近年はその半分以下。去年、今年はコロナ禍の影響もあったとはいえ、コロナ以前の2019年も年間70人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る