峰崎部屋と東関部屋が閉鎖 大相撲は部屋運営受難の時代に

公開日: 更新日:

 角界も吸収合併の潮流は避けられそうもない。

 1日付で閉鎖が決まった峰崎部屋と東関部屋。所属力士はそれぞれ芝田山部屋、八角部屋に移籍となり、大相撲は全42部屋となった。峰崎部屋は師匠(元前頭三杉磯)の定年によるもので、これは予定通り。東関部屋は1年限定で師匠を引き受けた親方(高見盛)の後継者が見つからなかったもので、いずれも不祥事や問題が原因ではない。

 しかし、相撲部屋の運営は年々苦しくなり、今後も閉鎖に伴う合併は起こり得るという。

「相撲部屋は俗に『力士が10人いて黒字』と言われている。立地条件、持ち家か賃貸物件かで違いはあるので、おおよその概算です。峰崎部屋は昨年引退した荒鷲以外の関取はついぞ出ず、所属力士も最終的に7人。それでも太いタニマチがついていたから運営に支障はなかった。1988年に部屋を新設した費用も、某大企業社長のポケットマネーです。ただ、今はサラリーマン社長が増え、太いタニマチも減っている。コロナ禍の影響もあって、相撲を支援している場合ではないのではないか」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る