鶴竜突然の引退 横審の引導前に自ら決意で透ける第2の人生

公開日: 更新日:

 辞めろと言われるくらいなら、自分から辞めるということか。

 横綱鶴竜(35)が春場所11日目の24日、現役を引退した。この日の理事会で承認され、今後は年寄「鶴竜」を襲名、後進の指導にあたる。

 場所前の稽古で左太ももを肉離れ。今回で5場所連続休場だが、それでも本人は当初、現役に固執。それが急きょ、場所中に引退を決意したのは、場所後の横綱審議委員会(横審)を意識したからなのは想像に難くない。

 昨年11月場所後の横審は、白鵬(36)も含めた両横綱に対し「注意」を決議。これは2番目に重いもので、その後も休場の続く今回はさらに重い「引退勧告」が出される可能性もある。実際、横審の山内昌之氏(東大名誉教授)はスポーツ報知の取材に答えて、「このままいけば(今回は)やはり皆さん厳しい意見になるのではと思います」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る