白鵬は5月場所休場が既定路線…身勝手許す横審の体たらく

公開日: 更新日:

 これでは横綱が増長するのも無理はない。

 29日に開催された横綱審議委員会。論点は当然、5場所連続休場中の横綱白鵬(36)だ。

 3月場所は2日間出場したのみで、右ヒザのケガを訴え途中休場。「7月場所に懸ける」と手術を受け、次の5月場所を休むことを勝手に既定路線にしてしまった。

 昨年11月場所後には3月場所中に引退した鶴竜(現親方)とともに、「引退勧告」に次いで重い「注意」の決議を受けたばかりだ。勝手極まる言動にさしもの横審も堪忍袋の緒が――と言いたいところだが、全会一致で「注意の決議継続」という結論に至ったのだから呆れるほかない。

 場所中、横審の山内昌之委員(東大名誉教授)はスポーツ紙などに、「厳しい意見を言わざるをえない」「今場所中に進退を決めてほしい」など、厳しい見方を示していた。それがフタを開けてみれば、このありさま。白鵬はこれで5月場所は大手を振って休めるし、7月場所まで延命できることが確実となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る