“親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

公開日: 更新日:

「グラウンドには銭が落ちている。人が2倍練習したら3倍やれ。3倍してたら4倍やれ。銭が欲しけりゃ練習せぇ」――。「鶴岡親分」の名で親しまれた名将・鶴岡一人南海ホークス(現ソフトバンクホークス)監督の“名言”だ。そんな努力を怠たり、詐欺に手を染めた孫の「裏切り」は、世間の注目を集めた。

 元慶大生の鶴岡嵩大被告(22)が、国の持続化給付金をだまし取った詐欺容疑で島根県警松江署に逮捕されたのは今年1月のこと。鶴岡被告は昨年7月、共通の友人を通じて松江市内の男子大学生と知り合い、不正受給を“指南”。給付金100万円のうち20万円を「アドバイス料」の名目で受け取り、不正受給の総額は1000万円以上に上る。

「球界を代表する名将の孫」「父親は某スポーツメーカーの常務執行役員」「自宅は一等地の港区白金台」という、きらびやかな家柄。絵に描いたような「ボンボン」だが、不正受給の動機は「起業のために金が欲しかった」からだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る