原英莉花またも米メジャー予選落ち…師匠そっくり“内弁慶”

公開日: 更新日:

【ANAインスピレーション】第2日

 師匠譲りと決めつけるのは早いだろう。

 初日78。6オーバー、最下位(116位)の原英莉花(22)。爆発が期待された2日目も75。通算9オーバー113位タイで決勝ラウンドへ進めなかった。

 海外メジャー初戦だった昨年12月の全米女子オープンも初日は12オーバーとボロボロ。2日目も盛り返せずに通算19オーバー(152位)。予選を通過できなかった。

 昨年は国内メジャー2連勝。173センチの長身でルックスもよく、ファンが激増したが、コースが難しい海外メジャーではまったく歯が立たなかった。

 尾崎将司の指導を受ける原は、師匠譲りのドライバー飛距離が持ち味だ。来季の米女子ツアー参戦を目標とし、出場権を懸けた最終予選会(12月予定のQスクール)に挑戦するという。海外メジャーでは芝の違いや硬いグリーンにも戸惑い、得意のドライバーはバラつき、アプローチの未熟さも露呈した。早く米女子ツアーで揉まれた方がいい。

 そういえば師匠の尾崎は賞金王12回、国内94勝。全盛期は国内で敵なしだったが、マスターズや全米オープンなど海外メジャーでは予選落ちを繰り返し、「お山の大将」と揶揄された。世界に羽ばたこうと思う原は、そんなところは似なくていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る