渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

公開日: 更新日:

 それでも彼らのアドレスは渋野のように手元を低く構えない。腕が長く、それに比例して脚も長いので、ハンドダウンしているようには見えない。

 今年4月、渋野はANAインスピレーションで予選落ちした。今まで通り手元は低く構えて、超フラットなバックスイングに変えていた。上体を深く前傾し、手元を低く構えると左手首が親指側に折れるので、アドレスした時点でリストコックは始まっている。

 だから本当は手元を低く構えれば、バックスイングでシャフトは立って上がるはずなのに、渋野は逆にクラブを寝かせて上げた。それで左手首を手のひら側に折ってフェースをシャットに上げて横振りのスイングに変わっていた。これでクラブをしっかりと振り切ってヘッドを返してやれば低いフックボールしか打てない。球が上がらないので飛距離も出ない。

 米ツアー試合会場のフェアウエーは洋芝であり、日本と違いボールは微妙に沈む。バックスイングでシャフトを寝かせたらバックスピンのかかったショットはできない。グリーンに乗っても止まらないので、ピンが立っている面に止めることは難しくなる。それでは世界のトッププレーヤーと対等に戦うのは不可能だ。ところが、ハワイで行われたロッテ選手権では、トップでシャフトをあまり寝かせずにバックスイングしていた。手の位置は肩より高くは上がっていないけれど、グリップエンドを飛球線の後方線上に向けて、スイングプレーンから外れていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る