巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

公開日: 更新日:

 投手交代のアナウンスに東京ドームのスタンドがどよめいた。巨人先発の今村信貴(27)が3回2失点で降板。球数わずか43球での交代に故障が疑われたが、試合後の原監督はこう言った。

「リズムがね……。流れをなんとか変えたいところで、平内に託した」

 初回から3イニング連続で先頭打者を出塁させた投球内容にサジを投げたわけである。今村はこれで5試合連続勝ち星なし。代わった平内が4失点するなど、2番手以降の3投手が無失点だった阪神との差を見せつけられた格好だ。

「なかなか安定しない投手陣に原監督もいよいよイライラを募らせているという感じ。開幕先発ローテ6人のうち、結果を出しているのは左腕の高橋だけ。菅野はヒジ痛で登録抹消、サンチェスは肩の違和感で一時離脱した。リリーフ陣も安定しない。新任の桑田投手チーフコーチ補佐がキャンプから投げ込みを奨励したことにも原因があるんじゃないかという見方も出始めています」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る