巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

公開日: 更新日:

 4月30日からのゴールデンウイーク期間は2勝2敗1分けだった巨人。先月27日のデビュー戦で右アキレス腱を断裂した新外国人テームズは米国に帰国したものの、絶好調のウィーラーが14試合連続安打をマークし、6日現在、打率.476。新助っ人の離脱を補って余りある活躍でカバーしている。首位阪神とは3ゲーム差で膠着状態が続く中、原辰徳監督(62)が不安視しているのは、リリーフ陣だという。

■デラロサ離脱中、ビエイラ登録抹消…

 巨人のチーム防御率はリーグ3位の3.15。先発は2.99で同2位なのに対し、救援は3.49で同4位。開幕守護神のデラロサが米国市民権取得手続きのために離脱中。代役を務めていたビエイラは3日の広島戦で連打を浴びて登録を抹消された。その広島戦は、1点リードの九回に4投手が登板。5日の広島戦で原監督は鍵谷に3連投を命じた。執念の継投で白星をもぎ取ってはいるが、さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る