適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

近著に「日本人は豚になる」「ナショナリズムを理解できないバカ」など。著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

完全にイカれた“ばかの祭典”東京五輪強行の責任の在りか

公開日: 更新日:

 ニュージーランド保健省の新型コロナウイルス対策本部の顧問を務めるオタゴ大学のマイケル・ベーカー教授が、東京五輪開催は「ばかげている」「今五輪を開催することは命を失うことにつながる」と批判。その言葉に尽きる。

 国際オリンピック委員会(IOC)会長トーマス・バッハ「五輪の夢を実現するために、誰もがいくらかの犠牲を払わなければならない」、IOC調整委員会委員長ジョン・コーツ「五輪期間中に日本で緊急事態宣言が出されていても大会は開催する」、IOC元副会長で最古参委員のディック・パウンド「菅首相が中止を求めても開催される」「アルマゲドン(人類滅亡)が起きない限り、東京五輪は開催される」。いずれも「ばか」の一言で片付く話だ。

 一番の問題はこの“ばかの祭典”を中止に追い込む力が弱すぎることである。分科会の尾身茂会長は五輪強行によるインド変異株流行への影響について「リスクがあるのは当然」と発言。また人流により変異株の“東京五輪株”が発生する可能性も各方面から指摘されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

  10. 10

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

もっと見る