門倉健氏失踪の裏で…妻・民江さんへの「中傷怪文書」騒動

公開日: 更新日:

 これで一件落着とはいかないようだ。

 約3週間の失踪を経て、去る6日に帰宅が判明した元中日投手コーチの門倉健氏(47)。妻の民江さんがブログで報告するとともに、門倉氏がうつ病と診断されたことも明かしている。

 失踪中はどこで何をしていたのか、なぜ行方をくらましたのかなど疑問は多いものの、門倉家にとってはとりあえず一安心――と思いきや、さらなるトラブルが明らかになった。

 門倉夫妻の知人が「去年と今年、私のもとに2回怪文書が届いたのです」と、こう続ける。

「内容は民江さんを誹謗中傷するもの。最初に来たのは去年の6月で、2通目は門倉さんが失踪する10日ほど前に届きました。どちらも印刷した住所を切り抜いて封筒の表面に貼り、中にはA4用紙が入っていました。おそらく、同一人物だと思います。切手が同じ形に傾いていたり、住所の切り抜き方までまったく同じでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る