鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

キューバ五輪予選敗退の必然 相次ぐ亡命と深刻な人材不足

公開日: 更新日:

 キューバ革命を率い、その後も長く最高指導者として君臨したフィデル・カストロは幼少期から野球に親しみ、「ヤンキースからスカウトされた」という噂がまことしやかにささやかれるほどであった。

 それだけに、野球がキューバの国技として奨励されたのも不思議ではなく、オリンピック3回優勝やIBAFワールドカップ25回優勝などの輝かしい戦歴に彩られた「野球強豪国・キューバ」が誕生したのであった。

 しかし、2006年に体調を崩したカストロに代わり実弟のラウル・カストロが政権を担当すると、段階的に部分的な市場経済制度が導入され、野球を取り巻く環境が変化する。

 従来の社会主義経済体制の下では、国家公務員として生活を保障されるなど、野球選手の経済的地位は高かった。

 これに対し、限定的ながら経済の自由化が始まると国家公務員である野球選手は経済の発展から取り残される形となり、結果として有力な選手がよりよい待遇を求めて大リーグに亡命する事例が増加することになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る