巨人・山口俊の“出戻りぶっつけ登板”が暗示するエース菅野の「深刻度」

公開日: 更新日:

 米ジャイアンツ傘下3Aサクラメントから巨人に復帰した山口俊(33)が、23日のDeNA戦で初登板初勝利を挙げた。

 初回、2番・柴田にいきなり先制ソロを浴びたものの、その後は立ち直った。2点リードの六回に2死満塁としたところで大江にマウンドを譲ったが、613日ぶりの日本のマウンドで6回途中5安打1失点。101球を投げ、「途中入団なので結果しかないと思っていた」と汗を拭った。

 自主隔離期間を終えた20日にジャイアンツ球場で行われた二軍練習に合流したばかり。わずか3日後のぶっつけ本番だった。

 舞台は富山。前回の巨人在籍時は地方球場で6試合に登板し、5勝1敗、防御率1.29だった。地方のマウンドを得意としていたのはある。投手陣の駒が足りないのもあるだろう。二軍戦を経なかったのは、山口本人が決めたというが、原監督もそれを容認している。これは16日に早くも今季3度目の登録抹消となった菅野智之(31)の状態と関係しているともっぱらだ。

抹消から1週間でやっと立ち投げ

 菅野は1カ月後に迫る東京五輪侍ジャパンメンバーに選出されている。抹消からちょうど1週間、これまでは痛めた右肘の状態を確認しながら、ネットスローやキャッチボールなどで慎重に調整を進めてきた。この日、ようやくブルペンで捕手を立たせて投げたが、球数はわずか14球である。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

「抹消されてから1週間でやっと捕手を立たせてブルペン投球をしたということは、今回の抹消は再調整というより、痛めた右肘のリハビリの意味合いが強い。一軍昇格までまだ時間がかかりそうですね。米国の3Aでも成績が良くなかった(0勝3敗、防御率6.17)山口の状態にしても、未知数なのは百も承知で、ぶっつけ本番させたのは、菅野が当面は万全の状態で復帰できないからではないか。原監督はだから、山口を早めにチェックしたかったのでしょう」

 最多勝を獲得した2年前のように、山口に菅野の代役が務まるのか、確認したかったというのだ。

「1週間で立ち投げしかできないなら、菅野が代表メンバーを辞退する可能性もある。仮に無理をして復帰しても、本来の投球ができないのでは意味がない。山口にしても、そもそも春のキャンプも米ジャイアンツの招待選手だったわけで、例年より練習量は落ちているでしょう。隔離期間明けでもあるし、果たしてどこまで働けるのか。過度な期待は禁物です」(高橋氏)

 山口の早期復帰は、菅野の状態が芳しくない証しというのだが……。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る