【侍ジャパン】韓国撃破し“金”王手までのドタバタ全舞台裏…偽装スクイズ騒動に緊急PCR検査も

公開日: 更新日:

 4日、東京五輪野球の侍ジャパンは準決勝の韓国戦に勝利して4連勝。銀メダル以上を確定させた。悲願の金メダル獲得に向け、7日の決勝戦に臨む。

【写真】この記事の関連写真を見る(27枚)

 日本を率いる稲葉監督は、合宿から「金メダルは当たり前」という重圧と戦っている。

■偽装スクイズ騒動、ガチガチの指揮官

 1次リーグ初戦のドミニカ共和国戦。九回、甲斐(ソフトバンク)が、初球にスクイズを空振りした直後の2球目にセーフティースクイズを決めて同点に追いついた。試合後、稲葉監督が「どうしても同点に追い付きたかった。偽装スクイズでやってもらった」と甲斐のプレーを称えたことを受け、「初球はわざと空振りした。恩師の野村監督仕込み」などと書いたスポーツ紙もあった。

「しかしそのネット記事は後日、削除されました」とは、球界OB。

「実は稲葉監督は『セーフティースクイズ』を『偽装スクイズ』と、単純に言い間違えたそうです。メディアにも訂正を出しています。つまり、甲斐の初球は単なる空振りだったということ。稲葉監督は生真面目な性格ですし、金メダルのためにガチガチになっているのです」

 グラウンドや食事会場ではコーチ陣と「鬼の形相」で選手起用や対策に頭を悩ませる日々。五輪開幕前は夜な夜な、対戦国の映像、資料とにらめっこ。気づいたら空が白んでいたことも珍しくない。

「五輪前に米国で行われた最終予選の視察がかなわず、時間が空いた時は1次リーグの米国対韓国戦などをハマスタで視察。資料を片手に難しい顔をしている。一方でライバル韓国は、金監督が最終予選を視察している。内心、気が気じゃなかったんです」(代表関係者)

迷走する選手起用

「いい選手を集めるのではなく、いいチームにしたい」とチーム結束を最大のテーマにしている指揮官だが、特に投手起用を巡って代表内から迷走ぶりが伝わってくる。

 先発投手の青柳(阪神)を2度にわたって中継ぎ起用。1次リーグのドミニカ共和国戦に2番手で登板して2失点したのに続き、準々決勝の米国戦でも五回から登板して3失点。慣れない中継ぎ起用に苦戦している。

■田中と千賀の危険な扱い方

「準々決勝の米国戦では、リリーフとして岩崎、青柳、千賀、大野らを起用。青柳を除いた3人は一度も登板がなかったため、試合の勝ち負けにかかわらず、あらかじめ米国戦で投げさせると決めていたようです。特に千賀は二軍調整中にもかかわらず招集した。それで登板機会ゼロでは一体何のために呼んだのか、となる。千賀が好投したのはあくまでひょうたんから駒です」(前出のOB)

 その米国戦で4回途中KOされた田中将(楽天)も、「稲葉采配の被害者」という声がある。

「荷物持ちでもなんでもやる」と意気込んで臨んだ今回の東京五輪。田中は稲葉監督から「チームを引っ張ってほしい」と伝えられ、投手リーダー的な立場で積極的に他の選手とコミュニケーションを図っている。年下の選手が多い中、山本(オリックス)や甲斐らと気さくに「メジャー談議」に花を咲かせることもある。

 田中は唯一、2008年北京五輪に出場しており、「日本のエース」として初戦ないし2戦目に先発、準決勝もしくは決勝の先発を担うとみられていたが、前出のOBはこう言う。

「稲葉監督は最終的に今季の成績や状態を優先した。田中は実質的に山本、森下に次ぐ『3番手扱い』です。米国戦は7月25日の巨人との強化試合から中7日空いての登板で、さすがの田中も登板前日は『やっと自分の出番が回ってきた感じです』とカリカリしていたそうです。米国戦で打ち込まれたのも、気合が空回りした感があるし、調整の難しさが影響したともっぱらです」

■球審がコロナ感染

 宮城・仙台での合宿と現在の宿舎生活は、「バブル方式」を順守するため外出禁止。選手は宿舎と試合会場、練習場を往復する日々だ。

 そんな選手たちの楽しみになっているのが、携帯アプリを使ったデリバリーや、外出可能な関係者が買い出しをしてくれるコーヒーだという。

「宿舎生活でもドタバタがあった」と明かすのは、放送関係者だ。

「楽天とのデーゲームを終えた後の7月24日の夜、選手たちが緊急でPCR検査を受けた。試合の球審がコロナに感染したからです。捕手の甲斐、梅野が濃厚接触者に認定される可能性があり、感染が拡大した場合は翌25日の巨人戦の中止を覚悟する関係者もいましたが、25日午前に陽性者も濃厚接触者もゼロで、事なきを得ました」

 舞台裏ではドタバタがありつつも決勝へ進出した侍ジャパン。有終の美を飾れるか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”