侍J稲葉監督が明かした初陣采配の“自己採点”と課題

公開日:

 16日のアジアプロ野球チャンピオンシップ・韓国戦でサヨナラ勝ちし、初陣を飾った「稲葉ジャパン」。4時間半に及ぶ熱戦から一夜明けた17日、チームは次戦の台湾戦(18日)に備えて約2時間、汗を流した。

 練習後、「(韓国の)左バッターの対応が良かったので、左投手をもっと早くブルペンで準備させて相手の流れを止めるべきだったというのは反省点」と振り返った稲葉篤紀監督(45)は、現役時代から「自分にも他人にも厳しい」と評された。大会前の全体ミーティングでは、「グラウンドにツバを吐くな」と野球人としての立ち居振る舞いについて説いたという。

 そんな指揮官の印象を選手に聞くと、西武の山川穂高(25)は「優しい監督という印象で、厳しさは感じませんでした。ベンチの雰囲気も良く、(DeNAの)桑原や(ソフトバンクの)甲斐みたいに、普段から自チームで声を出している選手が多いので、みんな自然と声が出ていた」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る