権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

公開日: 更新日:

 19日にヤクルト村上宗隆(21)が通算100本塁打を放った。21歳7カ月での到達は、あの清原和博がマークした21歳9カ月を抜く史上最年少記録。大したものだ。

 彼の長所は、とにかくバットを振れること。たとえ凡打になっても、躊躇なくバットを振り切られることほど、投手にとって怖いものはない。投げミスは許されない、と重圧を感じるのだ。

 空振りや凡打を恐れない迫力ある村上のスイングには、長距離打者としての自負と気持ちの強さが表れる。本人の素質と努力があってこそだが、それを育んだ指導者の手腕にも目を向けたい。

■ヤクルト村上はこうして開花した

 村上が36本塁打を放ってブレークした、高卒2年目の2019年シーズンの成績を改めて見てみた。打率.231、36本塁打、96打点。特筆すべきは三振数で、リーグワーストの184個を喫している。計算したら、実に3.22打席に1度の割合で三振をしていた。守備でも一塁と三塁で計15失策。当時、確率の悪さと三振、エラーの多さを引き合いに出し、少なくない評論家が「スタメン落ち」「二軍で再調整」の必要性に言及していたのを思い出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    <9>トップスケーターが「絶対に身に着けないもの」見た目への意識は大切だが…

    <9>トップスケーターが「絶対に身に着けないもの」見た目への意識は大切だが…

  3. 3
    主演の松本潤にのしかかる2つの重圧 NHK大河「どうする家康」脇役陣が発表されて…

    主演の松本潤にのしかかる2つの重圧 NHK大河「どうする家康」脇役陣が発表されて…

  4. 4
    元カレに硫酸をかけられて…悲劇に見舞われても前向きな英国女性に称賛の声

    元カレに硫酸をかけられて…悲劇に見舞われても前向きな英国女性に称賛の声

  5. 5
    「週休3日制」の中身で変わる天国と地獄…NECは来年度から導入、パターン別に専門家が解説

    「週休3日制」の中身で変わる天国と地獄…NECは来年度から導入、パターン別に専門家が解説

もっと見る

  1. 6
    五木ひろしの光と影<17>他の審査員の目に留まっては横取りされてしまう

    五木ひろしの光と影<17>他の審査員の目に留まっては横取りされてしまう

  2. 7
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 8
    免許証更新で鮫洲試験場へ オレも年寄りだと感じざるを得ないですなあ!

    免許証更新で鮫洲試験場へ オレも年寄りだと感じざるを得ないですなあ!

  4. 9
    巨人・菅野は「メジャー挑戦」まだ断念していなかった!新たな代理人が調査に奔走の仰天情報

    巨人・菅野は「メジャー挑戦」まだ断念していなかった!新たな代理人が調査に奔走の仰天情報

  5. 10
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”