鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ準々決勝のタイ戦では「強さ」と「美しさ」を見せてほしい

公開日: 更新日:

 韓国相手に勝利することは男女を問わず、容易なことではない。日本には絶対に負けられないという気持ちの強さ、フィジカルの強さ、球際の強さ、ゴールへの執着心……などに手を焼いた日本サッカーは、これまで何度となく煮え湯を飲まされてきた。

 2023年のオーストラリア・ニュージーランド共催女子W杯のアジア予選を兼ねた「アジアカップ」がインドで行われ、日本代表(なでしこジャパン)はグループリーグ最終戦(1月27日)でライバル韓国代表と対戦した。

■タイ戦勝利でW杯出場が決まる

 試合は開始直後、FW植木が抜け出してGKと1対1となり、ゴール右に流し込んで先制弾を決めた。なでしこジャパンはその後も優位に試合を進めたものの、なかなか追加点を奪えず、終盤にゴール前の混戦から同点弾を決められて1-1のドロー決着となった。

 日韓ともに通算成績2勝1分け・勝ち点7で並んだが、なでしこジャパンが得失点差で上回ってグループリーグ1位とし、30日の準々決勝の対戦相手・タイに勝利すればW杯出場が確定する。

 韓国相手に勝ち点を奪い、W杯出場に王手をかけるーー。大変に喜ばしいことではあるが、なでしこジャパンの実績、現在の立ち位置などを考えると「そんなことで喜んでいる場合ではない」と言いたい。

 韓国に負けなかったこと、W杯出場に王手をかけることに「価値を見出していない」という意味では決してない。

 素晴らしいパスサッカーで2011年女子W杯ドイツ大会を制して世界女王となり、アジアの盟主として欧米のライバル国を相手にW杯や五輪などで上位進出が期待されている限り、「高い目標を達成したときに喜ぶべきではないか」と言いたいのである。

 グループリーグ初戦のミャンマー戦、2戦目のベトナム戦が終わった後の当コラムで「シュートに持ち込むまでの創意工夫」に乏しくて「シュートを山ほど打っても決めらない」悪循環に陥っていると書いた。

 なでしこジャパンは、韓国相手にボール支配率64%(前半69%)と優位に立ち、シュート本数は韓国の8本(前半4本)の倍近い15本(9本)を記録した。

アジア女王になる可能性は高い

 相手を崩した場面もチャンスの回数もシュートの本数も球際の攻防(デュエル)も、なでしこジャパンがすべての面で上回ってゲームをコントロールしていた。しかし、なでしこは勝てなかった。

 繰り返しになるが、やはり「シュートに持ち込むまでの創意工夫」に乏しく、試合をコントロールすることはできても、ゴールを重ねて圧倒する力が、今のなでしこジャパンに欠けているからである。

 たとえば、韓国の方が「なでしこよりも優れている」という部分は少なくない。個々の選手の突破力、スピード、フィジカル、シュートの力強さなど見るべき点ほ多かった。

 なでしこジャパンの持ち味は「高レベルの個人技と戦術眼をベースにボールを繋ぎ、試合の流れを掌握してゴールに迫っていく」ところだ。

 ストロングポイントを伸ばしていくことは、もちろん大事なことではあるが、劣っている部分を決してないがしろにすることなく、レベルを上げていくことに精力を傾けていくことが求められる。

 恐らく準々決勝でタイに勝利し、なでしこジャパンはW杯出場を決めるだろう。準決勝と決勝に進み、優勝してアジア女王になる可能性も高い。

 しかし、W杯予選を兼ねているからと言って「内容よりも結果重視」で構わないと私は思わない。

 全ての試合に高い問題意識を持って臨み、アジア女王の先に「世界大会で上位に入る」ことを見据えつつ、準々決勝のタイ戦では、なでしこジャパンの「強さ」「美しさ」を見せてもらいたい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋