CB冨安離脱に打つ手なし…森保J“負傷連鎖”で露呈したレギュラー固定の大弊害

公開日: 更新日:

 森保ジャパンが、非常事態宣言レベルの窮地に追い込まれてしまった。

 カタールW杯アジア最終予選B組・6試合すべてにフル出場したDF吉田麻也(33)に続き、同5試合フル出場のDF冨安健洋(23)が右足痛で代表招集を辞退。27日に迫った中国戦と2月1日のサウジアラビア戦をレギュラーCB抜きで戦うことになったのである。

 森保ジャパンにとっていかに大きな痛手か、最終予選6試合の戦いを振り返れば如実に理解できる。6試合・5得点と深刻な決定力不足に悩まされながら、それでもW杯自動出場圏内の2位に付けているのは、総失点が首位サウジアラビアと並んで「最少3」に踏みとどまっているから。それもこれもイタリアのセリエA・サンプドリア所属の吉田、英プレミアの強豪アーセナルでプレーする冨安の獅子奮迅の活躍のたまものだ。

 中国戦、サウジ戦に招集された代役CB4人のA代表出場数は、植田直通(27=フランス・ニーム)が16試合、板倉滉(24=ドイツ・シャルケ)と谷口彰悟(30=川崎)が5試合、追加招集された中谷進之介(25=名古屋)が3試合。113試合の吉田、28試合の冨安と比べれば数段、見劣りすると言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

  2. 2
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 3
    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

  4. 4
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

  5. 5
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  3. 8
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  4. 9
    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

  5. 10
    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情

    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情