掛布氏、赤星氏も指摘…阪神がロッテ佐々木朗希に無得点で改めて分かった重大課題

公開日: 更新日:

 何とか粘った。

 ロッテ佐々木朗希(20)が27日の阪神戦に先発。井口監督が「しっかりと放ってくれたけど、途中から抜けている球があった」と指摘したように、走者を出した際にシュート回転する直球や抜け球が目立ったものの、6回90球を投げ、4安打無失点7奪三振無四球の好投。チームが敗れたため、勝ち星こそつかなかったが、ロッテ、阪神などでプレーし、ロッテ、ヤクルトで投手コーチを務めた成本年秀氏が言う。

「直球がシュート回転したり、抜け球も目立つなど、決して本調子とはいえなかったとは思いますが、それでも四死球を与えず無失点に抑えたのは、成長の証しといえるでしょう。木村投手コーチも佐々木朗希の状態を気遣いながら起用しているように感じます。今後も好不調を乗り越えながら、ケガをすることなくコンディションを維持して、1年間ローテを守る本物のエースに成長してほしいですね」

 一方の阪神は、佐々木朗希とは昨季の交流戦以来の対戦。この時は甲子園で5回4失点と打ち込んだが、この日は糸原が2安打、中野、島田が1安打と得点の足掛かりを作ったものの、3番大山、4番佐藤輝が揃って3タコに倒れるなど、佐々木朗希を攻め切れなかった。

打線が速いストレートを打てない

 阪神の課題は、かねてOBの掛布雅之氏らが言っているように、「打線が速いストレートを打てないこと」だ。赤星憲広氏も5月、スポーツニッポンの評論で、「開幕から各打者を見ていて気になっていたのは、『ストレートを打てていない』ことだった」と記している。

 この日の佐々木朗希の直球の平均球速は159.5キロ。150キロの高速フォークも投げる。簡単に打てる投手でないことは間違いないが、この日の佐々木朗希は、決して本調子ではなかったし、糸原らがチャンスメークするなど、得点のお膳立てをしたにもかかわらず、あと一本が出なかった。

 ライバル球団の関係者がこう指摘する。

「阪神は今季12度の完封負けを喫しているように、ともにリーグワーストのチーム打率.221、チーム147得点と貧打に喘いでいる。評論家諸氏が指摘するように、直球に弱い傾向が出ている。特に中軸の大山は直球の打率が1割台、佐藤輝も2割程度。投手のタイプにもよりますが、速い球でグイグイ押していけば、大ケガはしないというのが改めて分かった。投手陣としても攻めやすいというのはあります」

 この日、先発のウィルカーソンが8回無失点と好投し、岩崎が最後を締めて完封勝ちするなど、チーム防御率2.82でリーグトップの投手力を誇る。九回に佐藤輝が益田の変化球をとらえて決勝本塁打を放ったものの、最下位から這い上がるためには、とにかく打者が力負けしないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾