阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

公開日: 更新日:

 ちょうどいいタイミングだったのではないか。

 阪神のマルテ(30)が25日の楽天戦で二回の守備から途中交代した。初回の走塁の際に足を痛めたとみられる。

 今季は4月1日の巨人戦で右足の張りを訴え、登録抹消。5月10日に貧打解消の起爆剤として再昇格したが、17試合で打率.197、1本塁打、3打点とサッパリ。22日の巨人戦は下半身のケアで休むなど、不振が続いている。

 来日4年目を迎えるマルテは昨季、キャリアハイとなる打率.258、22本塁打、71打点をマーク。78四死球、出塁率.367と選球眼もウリだったが……。

「昨オフ、年俸2.5倍増の170万ドル(約2.2億円)で契約を1年延長したが、“払い過ぎ”による増長を懸念する声があった。昨年8月には二軍暮らしが続き、自身のSNSで起用への不満を吐露。『国へ帰る』と投稿するなど、問題児ぶりを発揮した。他球団への移籍もほのめかしたそうです。球団はそんなマルテに大金を積み、残ってもらったわけですから」(球団OB)

 阪神は助っ人とのトラブルが多い。あのバースが家族の病気の対応を巡って球団と揉め、解雇されたのは有名な話だが、2010年に200安打を達成した超優良助っ人マートンも、年俸が上がるにつれてコーチと口論するなど増長。それでも球団は高年俸を払い続け、15年には年俸4.5億円に到達したが、同年は打撃不振と緩慢プレーが目立ち、追われるようにチームを去った。矢野政権下でも、19年にソラーテが一軍昇格を拒否する造反劇が起きた。

 矢野監督は試合後、マルテの登録抹消を示唆したが、ゴタゴタの火種になるくらいなら、サッサと見切りをつけた方がチームはうまく回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外