秋山翔吾の広島入りを後押しした「幹部手形」 球団本部長“コーチング込み”の打診明かす

公開日: 更新日:

 3年総額5億円とされる大型契約で広島入りした秋山翔吾(34=前パドレス傘下3A)が1日、入団会見を行った前日に続き、マツダスタジアムで練習を行った。

 2日からは二軍で調整を行い、実戦を経て、早ければ8日の中日戦で一軍に合流するという。

 日米通算1476安打。松田オーナーからは「ボロボロになっても2000本打ってくれ」と激励され、「鈴木本部長も含めて、そういう言葉をいただけたのはありがたい」と感激の面持ちだった。残りは524安打。バリバリのレギュラーとして3、4年はかかる本数だ。

 これは広島が古巣・西武ソフトバンクとの三つ巴の争奪戦を制した大きな理由となった。さる球界関係者がこう言った。

■3年5億円の好条件だけじゃない

「西武の提示は1年短い2年だったともっぱら。ソフトバンクは広島の3年5億円以上の条件だったそうだが、来季以降、栗原らのケガ人が戻ってくれば、層が厚いチームだけにはじかれる可能性がある。つまり出場機会を重視したのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍