秋山翔吾は自他共に認める「変わり者」…新天地広島には独特気質の良き理解者あり

公開日: 更新日:

 まさかの新天地を選んだところに秋山翔吾の「らしさ」が表れている。

 西武時代、選手は親しみを込めて「変わり者」と称した。当時、本人もこう言って笑っていた。

「周りから、『変わっている』とよく言われるんですけど……その自覚はあります」

 自分の打撃論について確固たる信念を持つ。そのバッティングに憧れ、お手本とする選手も少なくない。秋山は自らの打撃技術を聞かれると、それがライバル球団の選手であっても、包み隠さず明かしていた。

「僕は全然、人に教えますよ。やれるならやってみれば、と思います。自分はそれ以上のことをやっているつもりでいますから。(僕は)コーチじゃないし、それで自分の職場(ポジション)を失う可能性もある。こう言うとプロっぽくないかもしれない。でも、どっちが良いか分からないですけど、僕は聞かれたら教えるし、聞かれたことを答えられないような取り組みなら、自信がないから言えないんだと思う」

 その一方で、「全然ダメ」「まだまだ」と己に厳しく自己評価は低い。だからこそ、技術を突き詰め、妥協を許さない。秋山を知る球界関係者が「努力の天才」と口を揃えるのは、そのためである。交渉役を務めた鈴木本部長は「来てもらえれば、カープの大きな財産になる」と口説いた。

 広島には、秋山の気質を理解する存在がいる。西武時代に指導を受けた河田雄祐ヘッド兼外野守備走塁コーチや侍ジャパンをきっかけに親交を深めた菊池涼介や会沢翼だ。

 広島でもその独特な思考で対戦相手を惑わせることになりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応