首位独走ヤクルトに立ちはだかる記録的酷暑…7、8月の屋外試合は「巨人の3倍」

公開日: 更新日:

 先日、2リーグ制以降最速で優勝マジックが点灯したヤクルトの勢いが止まらない。今季77試合で52勝24敗1分の貯金28。2位巨人に13.5ゲームの大差をつけ、最短で8月12日に2年連続の優勝が決まる。

 チーム防御率はリーグ2位の3.01、チーム打率.258、355得点はリーグトップ。投打のバランスの良さはリーグ屈指で、ヤクルトの連覇は間違いなし、というムードになりつつあるが、問題は今年の酷暑だ。

 神宮球場がある東京は3日まで9日間連続で猛暑日となるなど、記録的な暑さ。夏場は屋外球場よりも空調の効いたドーム球場の試合が多い方が有利だが、今季のヤクルトはこの7、8月の2カ月間に行われる計50試合のうち、屋外の試合は神宮の27試合を含めて実に40試合に上る。神宮では全試合がナイター開催になるとはいえ、ドームでの試合は5日からの巨人3連戦(東京ドーム)を含め、たったの10試合しかない。

 一方、ドームを本拠地とする2位巨人は屋外21試合、ドーム29試合。その差は歴然としている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情