ヤクルト史上最速M点灯でセは終戦ムード…2位・3位狙いを加速させる「CSの大問題」再燃

公開日: 更新日:

「エース級をヤクルトにぶつけていくしかもう、手だてはなくなってきたような気はします。それで5球団で追っかけるという形にしないと、このままではシーズンが終わっちゃいますよ」

 3日、TBS系の「サンデーモーニング」に出演した元中日監督の落合博満氏(68)がこう言った。氏がここまで言い切るのも珍しいが、実際、今季のセ・リーグは早くもペナントの灯が消えようとしている。

■最短で8月12日に2年連続のリーグ優勝決定

 開幕から首位を独走してきたヤクルトが2日、2リーグ制以降最速となるマジック「53」を点灯させた。この日のDeNA戦も11-4で圧勝。3位広島が敗れたため、マジック「51」とした。3日時点の成績は77試合で52勝24敗1分けの勝率.684。シーズン98勝という驚異的なペースで勝ち続け、最短で8月12日に2年連続の優勝が決まる。

 過去の両リーグの最速優勝日は1990年巨人の9月8日。巨人はこの年、88勝42敗、勝率.677で2位の広島に22ゲームの大差をつけた。

「たしかにヤクルトにエースをぶつけるなど、ライバル5球団がヤクルト包囲網を敷かない限り、このまま終わる可能性は高いでしょう」

 とは、名球会会員の評論家・山崎裕之氏。

「ヤクルトは22歳の4番・村上が三冠王をうかがう打撃成績(打率.307、29本塁打、78打点)を残すだけでなく、グラウンドやベンチで積極的に声を出し、闘志をむき出しにしてチームを牽引している。青木や助っ人選手の状態がイマイチでも、生え抜きの若手がカバー。たとえば高卒3年目で遊撃のレギュラーをうかがう長岡(20)はコンパクトなスイングでしぶとい打撃をしている。甘い球を本塁打にする小力もある。投手陣に関しても、高津監督が先発の中7日ローテを組むなど、負担がかからないようしっかりと管理している。今年は酷暑となり、屋外の神宮球場を本拠地にしている点がやや気になるが、他球団が苦手とするビジターでも30勝8敗1分けと高勝率を誇っている。今のところ、スキが見当たりません」

 ヤクルトの連覇は間違いなし、というムードになりつつある中、前出の落合氏とともに番組に出演した元DeNA監督の中畑清氏(68)は、司会の関口宏氏から「(セは)1強5弱。(3位)広島も(2位)巨人も、3位までに入ればいいってなってませんか?」と振られると、こう語った。

あの制度(クライマックスシリーズ=CS)があるっていうのはちょっと問題になってきましたね。それでもチャンスがあるシステムに問題アリっていうのもあると思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  2. 2
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  3. 3
    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

    天才子役と呼ばれた斉藤こず恵さんは3年前に22歳年下と“コロナ婚”「イケメンゆえ、最初は詐欺かと…」

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  1. 6
    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

    能登半島地震から100日…タレント清水国明さんが泥縄の災害対策に苦言「行政の人災です」

  2. 7
    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

    自民裏金議員が国会で野党に激しいヤジを…《本気で反省?》と国民怒り

  3. 8
    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

    キックボクサーから「和製ブルース・リー」に…風間健さん80歳 長男の筒井道隆さんが俳優を選んだワケ

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋

    「大谷は代理人と広報担当者をクビにすべき」米メディア指摘…水原一平事件の波紋