記録的酷暑にプロ野球から悲鳴が…屋外球場は「声出しNG・マスク着用」で客足遠のく恐れ

公開日: 更新日:

 田んぼのザリガニが茹で上がって死んでいる──。

 SNSでそんな画像が注目を集めるなど、全国各地は酷暑に見舞われている。1日は埼玉・熊谷などで40度以上。東京消防庁はこの日、都内で6月に熱中症疑いで搬送された人が昨年の約6倍にあたる1517人に上り、6月としては過去10年で最多だと発表した。

 プロ野球も、今年の記録的酷暑に頭を抱えている。2020年からのコロナ禍で、昨年まで観客動員を大幅に制限して試合を行ってきた。今年になってようやく、一部球団を除いて開幕から入場制限なしでの開催が実現。今夏は花火大会などの大規模イベントが再開される中、プロ野球にとっても子どもが夏休みを迎える7~8月は書き入れ時。昨年までの損失を取り返す絶好の機会だが、某球団のフロント関係者がこう嘆く。

巨人オリックスのように空調が効いたドームが本拠地の球団はまだしも、ヤクルトの神宮球場、ロッテのゾゾマリンなど屋外球場は特にデーゲームともなると、炎天下の試合を余儀なくされる。NPBはコロナ対策のため、観客に対して試合中の声出し応援はもちろん、マスク着用を呼び掛けている。過酷な環境下での観戦を嫌い、球場から足が遠のくケースすら想定されます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍